インプラントの期間とは

インプラント治療期間

インプラントを安全にもたすには

虫歯になったり、歯周病になったり、事故にあったりして、人は歯を失う事があります。そんな時には入歯やブリッジをします。しかし、入歯は、歯根が安定していないので、職の時に噛むとからが、健康な歯に劣りますし、ブリッジは、両側の健康な歯を土台にしますので、両側の歯を削らなければなりません。そのような心配がないのはインプラントです。この治療は、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、それが顎の骨に密着することで、食事をした時に、健康な歯と同じ噛み心地を得ることができます。顎の骨に人工歯根が、密着するまでに3~6カ月の期間を必要としますが、基礎訓練をしっかり積み、インプラント手術の経験の多い歯科医師の手術であれば安全です。人によって、顎の骨がしっかりある人と薄い人がいるので、薄い人の場合は、顎の骨を厚くする補助手術があったりして、(健康な人の場合は3カ月の期間ですむところ)で、人工歯根が顎の骨が密着するのが、6カ月もの期間が必要となるのです。インプラントは、手術を終えると、それで終わりというわけではありません。オンプラントに食事の食べカスが付くと、歯垢(細菌の塊)が付き、ここから感染症を起こしやすくなります。この歯を安全に保つには、毎食後の歯磨きをていねいにすることです。さらに、この手術後は最初の1年は3カ月に1回、それ以降は少なくても1年に1回は自分が手術を受けたクリニックで歯のクリーニングをしてもらうと同時に、現在の歯の状態をチェックしてもらう事がインプラント周囲炎を防ぎ、安全にもたすことが大切になります。

↑PAGE TOP